イルミナカラー blog beauty Tanabe

こんにちは、タナベです。

今日は人気メニューイルミナカラーについて
少し詳しく説明させていただきます!ブログ画像
難しくならないようにしますが
わかりにくかったらすみません。。。
その際は直接質問してくださいね。

では!
なんと言っても他のカラー剤との違いは
「ダメージしにくい」
という事です!
オフィシャルでイメージ図があったので。ブログ画像

茶色のが髪の毛で白いのがカラー剤で細かい粒が金属イオンになります。

まず生活している上でダメージしてしまう事がいくつかあります。
その一つが金属イオンによるゴワゴワやキシキシする感じです。

金属イオンがどこに入っているかというと「水道水」です。

ただ日本は軟水なのでそこまで量が多くないのですが
海外で硬水の場所でゴワゴワ、キシキシするのはお水が主な原因になります。

さらに一般的なカラーの際には、上の写真の1のように
日本でも少量付着した金属イオンがカラー剤の成分と過剰反応を起こし
「キューティクル」を痛めてしまいます。

*キューティクル→髪の毛表面の6から8枚が重なった鱗状の物で艶を出したり手触りを良くしてくれたりカラーの染料や内部補修のトリートメント閉じ込めてくれる蓋のような役割もあります。剥がれると元には戻らないのでトリートメントしても蓋がない状態になるので切らないと良くならない状態になります。

しかし!!!
写真の2の「イルミナカラー」だと
金属イオンを包み込み過剰反応を抑える為ダメージしにくく
キューティクルが守られるので手触りを悪くしたりせず艶を出しやすくしてくれる効果があります。
なのでイルミナカラーを繰り返し使う事で同じようにヘアケアをしていても綺麗なキューティクルを保てるので全体の艶感を出してくれる
という感じです。
*もちろんトリートメントではないので元々傷んでいる所は基本的には良くなるわけではないです

今回は発色などではなく
化学的に優れている点を説明させていただきましたが
発色も綺麗で僕個人的には
寒色系のアッシュ系のオーシャンやマット系のフォレストは
8から10トーンの発色がとても綺麗で
暖色系のコーラルなどは
6から8トーンの発色が綺麗に感じます。

普段説明しきれない部分を書かせていただきましたが
わからない事やイルミナカラー以外の事でも大丈夫ですので
ご質問もお待ち致しております!

田辺 智哉

  • facebook
  • twitter

この記事を書いた人

Tomoya Tanabe
Tomoya Tanabe
丁寧な技術をベースに細かい要望の多い前髪カットが得意です!手入れのしやすいショートやボブのお客様も多いです!!また薬剤やヘアケアの知識が豊富でお客様にとって最適なご提案をさせて頂きます!気になる事は、何でもご質問ご相談ください☆初めてのお客様も大歓迎しております!!ぜひご指名下さい♪