「ナチュラルブラウン」という選択。 blog Ishikawa

石川です。

今日はヘアカラーのお話し。
あ、いつもですね(笑)

カラーリングの色味にはたくさんの種類があります。
アッシュ、マット、バイオレット、ピンク、レッド、ブラウン

アッシュひとつ取っても、そこからさらに枝分かれして色んなアッシュがあったりします(笑)

ま、あまり細かい部分は、一人ひとりのお客様の髪の状態や髪質、そこから目指したい色味に合わせて美容師側が調整するわけですが。

そんな中でも、僕が最近、改めて注目している色味があります。

それはナチュラルブラウン

タイトルでネタバレですが(笑)

なんとなくカラーリングをする時って、アッシュ系やピンク系など、「色のある」カラーを選びたくなる気がします。

せっかく染めるのにナチュラルブラウンじゃちょっとつまらないなぁ。

なんて、思っちゃうのはおそらく僕だけではないはず。

でもナチュラルブラウンも、立派な「色」なんです。

自然なブラウン。
直訳(笑)

そう、名前の通りとっても自然な仕上がりになります。

先日ナチュラルブラウンで染めたお客様の写真。

赤味もなく、青味もなく、自然なブラウン。

ツヤがあって柔らかで、とても女性らしい。
気取りのない自然なブラウン。

つれない素振りのlong brown hair

栞のテーマ。

話はそれましたが、なんとなくいつもアッシュだからアッシュ
いつもピンクだからピンク

たまには気分を変えてナチュラルブラウンという選択もアリかもしれません(^^)

ロングでもボブでもショートでもなんでも来い!

興味ある方は是非チャレンジしてみてください☆

でわでわ!

  • facebook
  • twitter

この記事を書いた人

Masato Ishikawa
Masato Ishikawa
ヘアスタイルをデザインする時に大切にしている事は「無理しない」こと。「無理のない施術」で髪本来の美しさを保ちます。「無理のないデザイン」でご自宅での再現性を高めます。ナチュラルだけど洗練されている、シンプルだけどお洒落。そんな気取りのない女性像をヘアスタイルを通して表現させていただきます。